遺産分割協議書を作成するには

subpage1

遺産分割協議書の作成には、それぞれの相続人が十分な配慮が必要となります。

なぜなら、遺産分割協議書には相続人全員の実印と印鑑証明書が必要となりますが、遺産分割では相続人が特別受益や寄与分、本来遺産とはならない死亡保険金などを主張する事もあり、親族間でも縁切りなどに発展する事もあるほど争いが多い手続きである事が主な理由です。

47NEWSの優良サイトの情報を公開中です。

こうした相続人同士の争いが続けば、家庭裁判所で遺産分割調停や審判をする必要があり、膨大な時間と費用が掛かります。


こうした理由から、遺産分割には相続人全員の合意が得られるような配慮が求められます。
相続人と合意した内容は遺産分割協議書に記載しますが、その作成方法に決まった形はなく、ある程度自由に作成する事ができます。

ただし、遺産分割協議書である旨、被相続人の名前や死亡した日、合意した内容とその日付、相続人に関する事項は必ず記載して下さい。

特に相続人に関する事項は自筆で記入するようにしましょう。


また、合意内容は客観的に見て判断できるよう記載する必要があります。
例えば、不動産であれば登記簿のとおりの字面で記載しますし、預金口座であれば預金の種類や残高などを正確に記載します。



これは、遺産分割協議書が相続税の確定申告や不動産の相続登記、被相続人の名義変更などに使用されるために正確な記載が必要となるからです。



なお、作成には、被相続人の除籍謄本、住民票の除票、相続人を確定するための連続した戸籍謄本や、相続人の住民票や戸籍謄本、相続する不動産の登記簿謄本などが必要になります。

法律をよく学ぶ

subpage2

遺産分割協議書は、相続人が被相続人の相続財産をどのように分割するかを記載した書面を言います。作成の義務はありませんが、相続という法律行為の結果を記した物であり、かつ、不動産の相続登記や相続税の確定申告、被相続人に係る名義変更など重要な手続きで必要となる事から、多くの場合で作成されます。...

next

これからの法律

subpage3

家族構成が父、母、長女、次女の核家族で、父親が亡くなった際の遺産分割協議書のつくり方の説明文です。父親の死から数年後に「愛人」「隠し子」が出てきても、相続したくても出来ないようにすることも可能です。...

next

法律の秘密

subpage4

相続が発生すると、被相続人の財産は相続人によって引き継がれます。被相続人の名義からその財産を引き継ぐ相続人の名義に変更する相続手続きを行うのです。...

next

法律の話

subpage5

相続のことで弁護士に相談することにはメリットがあります。まず一つは、小さなうちから芽を摘み取ることが可能になるという点です。...

next