導入しやすくなっているデジタルサイネージ

subpage1

電子看板は、年々機能が強化されており、近年では、高精細な液晶モニターや大型のLEDテレビジョンと組み合わせたデジタルサイネージ向けの製品が多数販売されています。

デジタルサイネージを使って宣伝するメリットは、機材が宣伝をする内容によって選べ、従来の宣伝手法と比較して安価で容易に導入する事が出来る事です。

リクナビNEXT JOURNALの情報も多数ご用意しました。

デジタルサイネージ製品は、小型端末から立て看板・壁掛けタイプまで幅広い種類が存在しており、用途によって使い分けられます。

デジタルサイネージに関する疑問を解消してください。

飲食店で使うのであれば、立て看板や壁掛けタイプが便利でしょう。



従来の手書きメニューの代わりに使う事ができ、料理などの写真を掲載する事が出来ますので、消費者にとって、店でどのような商品が提供されているのかが一目で分かるようになります。
逐一内容を変更していく事ができ、新メニューが登場した時にリアルタイムでメニューや宣伝の内容を変更する事が可能となっています。

デジタルサイネージを使う事によって、多彩な表現で宣伝を行えます。

静止画だけでなく、映像も流せたり、動的コンテンツを導入したりといった事が出来ますので、消費者に対して商品やサービスの内容を伝えやすい環境を構築出来ます。人通りの多い場所で宣伝をしたい場合には、大型テレビジョンとデジタルサイネージ向けの端末を組み合わせて広告を流せます。
大きなディスプレイの場合、ある程度遠くの人々にも宣伝を見てもらえますので、より多くの人々に商品やサービスを知ってもらえます。

テクノロジーコラム

subpage2

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが「デジタルサイネージ」とは、屋外や店頭などに設置してある広告や映像、情報などを表示している液晶ディスプレイのことをいいます。最近では、駅の構内、ショッピングセンター、病院、ショップの店先など様々な場所で目にする機会が多くなりました。...

next

予備知識

subpage3

デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクタなどでコンテンツを表示するものです。役所や病院、美術館などの公共施設、空港、駅などの交通機関、商業ビル、スーパー、銀行、映画館、アミューズメントパーク、さらには自動販売機など生活の中でさまざまなシーンで見かけることが多くなりました。...

next

テクノロジーの特徴

subpage4

商品を売るには、広告するのは当然ですが、普通広告というとCMやサイン広告、雑誌などの媒介、あるいはインターネットで広告を想定します。確かにどの方法もよくあるものですが、中にはCMのようにメディアに流してもらうには相当な費用がかかり、またCMを作成するにも同じくらい費用がかかります。...

next

専門知識

subpage5

広告媒体としてデジタルサイネージを利用するする場合があります。デジタルサイネージの特徴とは、デジタル機器を使用した広告媒体のことであり、テレビでのコマーシャルのような役割を担っているという点です。...

next